• 本

戦争の思い出 日本占領下で生き抜いたフィリピン少女の物語

出版社名 メディアイランド
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-904678-86-2
4-904678-86-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

1941年、戦争が始まった。太平洋戦争の中、日本占領下のフィリピンで、地方都市に暮らす、一人の少女が経験した3年余。恐怖と憎しみの中でも、日本人兵士との人間らしい交流があった…。当時の日記からよみがえる、戦争の実相。

目次

第1章 フィリピンに戦争がやってきた―一九四一年
第2章 占領と混乱の時代に適応する―一九四二年
第3章 パナイ島を離れ、首都マニラへ―一九四三年
第4章 ビガアでの忘れられない出来事―一九四四年
第5章 戦争が終わり、新生活に踏み出す―一九四五年

著者紹介

メンドーサ,ヘレン・N. (メンドーサ,ヘレンN.)   Mendoza,Helen N.
1925年、サンボアンガ市生まれ。税関に務める父親の転勤で1941年4月にイロイロ市に転居し、イロイロ国立高校に編入。同年12月に太平洋戦争が勃発してまもなく学校が閉鎖される。終戦後にマニラ市のファー・イースタン大学の高校課程に編入、卒業し、そのまま大学課程に進学する。同大学を卒業後はアメリカに留学して英米文学を学ぶ。1952年にスタンフォード大学から修士号、66年にミネソタ大学から博士号を取得した。1953年からフィリピン大学(UP)の英文学・比較文学科で教鞭をとり始め、後に学科長を務めた。大学を退職してからは、環境保護活動家として非政府組織(NGO)にも関与し、環境NGO全国ネットワーク組織「フィリピン気候変動ネットワーク」の議長も務めた
澤田 公伸 (サワダ マサノブ)  
1962年、大阪府生まれ。1989年に大阪外国語大学(現大阪大学)外国語学部フィリピン語専攻コースを卒業後、同大学大学院(南アジア・オセアニア地域研究専攻)に進学し、93年に修士号を取得。この間、1991年から92年まで国費留学生としてフィリピン大学(UP)大学院の修士課程に1年間留学。1996年よりマニラ首都圏マカティ市にある邦字紙、「まにら新聞」で記者として働き始める。2000年からは同新聞の嘱託記者となる一方、タガログ語講座の講師やフリーランスで通訳・翻訳業務にも従事する
永井 均 (ナガイ ヒトシ)  
1965年、米国カリフォルニア州生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(文学)。広島市立大学広島平和研究所教授。2016年6月から17年3月までフィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学アテネオ・アジア研究センター(ACAS)で客員研究員を務める。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)