• 本

アラフォー賢者の異世界生活日記 6

MFブックス

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-04-069867-0
4-04-069867-3
税込価格 1,296円
頁数・縦 319P 19cm
シリーズ名 アラフォー賢者の異世界生活日記

商品内容

要旨

ツヴェイトの護衛任務を完遂し、そこから少々の寄り道をして自宅へと帰ってきたゼロス。一方、フェアリー・ロゼとの戦闘で自分の弱さを痛感していたイリスは、何を思ったのかコッコに教えを請い、格闘術の訓練に励むのだった。魔導士だというのに…。同じく養護院の子供達もコッコから様々な戦闘訓練を受けて、そろそろ実戦を体験してもよさそうなくらいには、腕前を成長させつつあった。「そろそろそれがし達も実戦を経験したいのだ。アンジェ達も狩りに行く気満々だぞ?」「ルーセリスさんと相談してからじゃないと駄目だね」そんなやり取りも虚しく、結局子供達は狩りへ行ってしまう。必然的にゼロスとルーセリスは保護者として引率することになり…。

おすすめコメント

おっさん、一狩り行きたい子供達の保護者になる(独身) コッコとの戦闘訓練によってメキメキと実力を上げていた養護院の子供達。成長に対して貪欲な彼らは、当然のように実際に狩りをしてみたいと言い出し、ゼロスとルーセリスは保護者として引率することになるが……。

著者紹介

寿 安清 (コトブキ ヤスキヨ)  
2016年2月より小説家になろうに『アラフォー賢者の異世界生活日記』の投稿を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)