• 本

平成史

出版社名 小学館
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-09-389776-1
4-09-389776-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 446P 19cm

商品内容

要旨

バブル崩壊、オウム真理教テロ、福島原発事故。何が起きたか。なぜ起きたか。同時代に生きる二人が政治、経済、事件、文化を縦横無尽に語り尽くす。

目次

第1章 バブル崩壊と55年体制の終焉―平成元年→6年(1989年‐1994年)
第2章 オウム真理教がいざなう千年に一度の大世紀末―平成7年→11年(1995年‐1999年)
第3章 小泉劇場、熱狂の果てに―平成12年→17年(2000年‐2005年)
第4章 「美しい国」に住む絶望のワーキングプアたち―平成18年→20年(2006年‐2008年)
第5章 「3・11」は日本人を変えたのか―平成21年→24年(2009年‐2012年)
第6章 帰ってきた安倍晋三、そして戦後70年―平成25年→27年(2013年‐2015年)
第7章 天皇は何と戦っていたのか―平成28年→31年(2016年‐2019年)

出版社・メーカーコメント

「平成の謎解き」はこの一冊で十分!バブル崩壊、オウム真理教テロ、福島第一原発事故。何が起きたか。なぜ起きたか。同時代に生きる二人が政治、経済、文化を縦横無尽に語り尽くす。【本書内容】モスクワから見た狂騒ニッポン/バブル崩壊でファミレス進化/宮崎勤事件と仮想現実/麻原彰晃作曲の大交響曲/神の手とSTAP細胞/小泉訪朝は失敗/ホリエモンは何者?/血の五輪/「逃げ恥」と冬彦さん/朝日新聞と旧陸軍の共通点/安倍談話は「戦後レジーム」追認/親子二代の「人間宣言」/ローカルルール消滅と企業不祥事・・・ユダヤ教に伝わるカバラの知恵という論理がある。光が収められた壺がある。だが時間が経つと壺にひびが入る。そこで新しい壺を用意する必要がある。入れ替えに失敗すると光は二度と元に戻らない。ここでいう光とは、日本固有の文化であり、国体であり、あるいは天皇なのかもしれない――佐藤優平成は、それなりに生きてゆくにはとりあえず充分という極相に達して「坂の上の雲」ならぬ「坂の上の平原」といえる。もっと成り上がりたいという気持ちはないが、墜ちることへの恐怖は強い――片山杜秀■平成を読み解くブック&シネマリストも収録

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年、東京都生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館などを経て、外務本省国際情報局分析第一課に勤務。2002年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。2005年2月執行猶予付き有罪判決を受けた。主な著書に『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅賞)など
片山 杜秀 (カタヤマ モリヒデ)  
1963年、宮城県生まれ。思想史研究者。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は近代政治思想史、政治文化論。音楽評論家としても定評がある。著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』(この2冊で吉田秀和賞、サントリー学芸賞)、『未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命』(司馬遼太郎賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)