• 本

11の化石・生命誕生を語る 古生代

化石が語る生命の歴史

出版社名 築地書館
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-8067-1556-6
4-8067-1556-5
税込価格 2,376円
頁数・縦 228P 20cm

商品内容

要旨

この化石の発見で、発生がわかった。

目次

第1章 最初の化石・クリプトゾーン―ねばねばした膜の惑星
第2章 最初の多細胞生物・チャルニア―エディアカラの楽園
第3章 最初の殻・クラウディナ―小さな殻
第4章 殻を持つ最初の大きな動物・オレネルス―「おお、三葉虫がうろつく地に我が家を与えよ」
第5章 節足動物の起源・ハルキゲニア―蠕虫類なのか節足動物なのか?
第6章 軟体動物の起源・ピリナ―蠕虫類なのか軟体動物なのか?
第7章 陸上植物の起源・クックソニア―海から顔を出す
第8章 脊椎動物の起源・ハイコウイクティス―魚臭いお話
第9章 最大の魚・カルカロクレス―巨大な歯
第10章 両生類の起源・ティクターリク―水から出た魚
第11章 カエルの起源・ゲロバトラクス―「フロッガマンダー」

著者紹介

プロセロ,ドナルド・R. (プロセロ,ドナルドR.)   Prothero,Donald R.
1954年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。約40年にわたり、カリフォルニア工科大学、コロンビア大学、オクシデンタル大学、ヴァッサー大学、ノックス大学などで古生物学と地質学を教えてきた。カリフォルニア州立工科大学ポモナ校地質学部非常勤教授、マウントサンアントニオカレッジ天文学・地球科学部非常勤教授、ロサンゼルス自然史博物館古脊椎動物学研究部の研究員を務める。1991年には、40歳以下の傑出した古生物学者に与えられるチャールズ・シュチャート賞を受賞。2013年には、地球科学に関する優れた著者や編集者に対して全米地球科学教師協会から与えられるジェームス・シー賞を受賞
江口 あとか (エグチ アトカ)  
翻訳家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校地球宇宙科学部地質学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)