• 本

ニュートンとマルクス 文理融合をめざして

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-344-91718-7
4-344-91718-9
税込価格 880円
頁数・縦 172P 18cm

商品内容

要旨

中学2年の夏、突然「典型的」文科系から理科系へと入れ替わった著者。二つの世界の相克に悩みぬいた著者が贈る、複眼思考のヒント。

目次

第1章 「典型的」文科系から「典型的」理科系へ―ニュートンとの遭遇
第2章 経済学部への進学と『資本論』―マルクスとの遭遇
第3章 マルクスの「国家」観、「科学」観との格闘
第4章 宇野恐慌論と大学院への進学
第5章 歴史に対する関心の復活と経済史の壁
第6章 武谷三男の三段階論
第7章 技術の本質規定と文理融合
第8章 文科系からの文理融合と理科系からの文理融合

著者紹介

土井 日出夫 (ドイ ヒデオ)  
1955年神奈川県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科修了。横浜国立大学経済学部教授、経済学博士。サービス業と流通業の価値論的分析に関心を持って研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)