• 本

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-86410-601-6
4-86410-601-0
税込価格 1,700円
頁数・縦 315P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

オンライン決済サービス大手、ペイパルの創業者であり、フェイスブックを取締役として最初期から支え、大きく成長させたシリコンバレーの超大物投資家として、アメリカのテクノロジー・イノベーションに絶大な影響力をもつ、ピーター・ティール氏。2016年の米国大統領選でドナルド・トランプ候補を支持、当選後にはテクノロジー・アドバイザーとして政権に発言力を有し、「影の大統領」と呼ぶメディアさえ存在する。本書は、そんなティール氏の半生をたどり、未来を見通す破壊的戦略思考に迫る評伝。筋金入りのリバタリアン(自由至上主義者)であり、つねに常識の逆を考える「逆張り思考」の持ち主であるティール氏は、アメリカを、そして世界をどのように変えていくのか。取材や文献から“反逆の起業家”を多面的に描くことでそのヒントを提供する著者は、ドイツ生まれの起業家、投資家、ジャーナリスト。シリコンバレーの金融およびテクノロジーに関する専門家として、ドイツのニュース専門チャンネルn-tvおよびN24などで活躍している。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年05月25日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

シリコンバレーの大物は、みんな「この男」に学んでいる。ジョブズ、ザッカーバーグを超える無敵の男、その全戦略と破壊的思考法にせまる初の本!

目次

はじめに なぜ世界は「この男」に注目するのか?
第1章 はじまりの地、スタンフォード大学
第2章 「競争する負け犬」になるな―挫折からのペイパル創業
第3章 常識はずれの起業・経営戦略―ペイパル、パランティアはなぜ成功したのか?
第4章 持論を発信する―『ゼロ・トゥ・ワン』と『多様性の神話』スキャンダル
第5章 成功のカギは「逆張り思考」―スタートアップの10ルール
第6章 ティールの投資術―なぜ彼の投資は成功するのか?
第7章 テクノロジーを権力から解放せよ―ティールのリバタリアン思想
第8章 影のアメリカ大統領?―トランプ政権を操る
第9章 ティールの未来戦略―教育、宇宙、長寿に賭ける
おわりに テクノロジーがひらく自由な未来へ

おすすめコメント

シリコンバレー系ビジネス書の大本命、ついに登場!  スティーブ・ジョブズをしのぐ超話題の起業家、その成功法則を明かす初の本です!   【ピーター・ティールとは?】  「フェイスブック」を最初期から支える「超大物投資家」。 シリコンバレーの頂点に君臨する「ベイバル」創業者。 ドナルド・トランプ大統領の顧問。 著者『ゼロ・トゥ・ワン』(NHK出版)は全世界でベストセラーに。 マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)、イーロン・マスク(テスラCEO)らを育てた。 名実ともにシリコンバレーの「ドン」である。

著者紹介

ラッポルト,トーマス (ラッポルト,トーマス)   Rappold,Thomas
1971年ドイツ生まれ。起業家、投資家、ジャーナリスト。世界有数の保険会社アリアンツにてオンライン金融ポータルの立ち上げに携わったのち、複数のインターネット企業の創業者となる。シリコンバレー通として知られ、同地でさまざまなスタートアップに投資している。シリコンバレーの金融およびテクノロジーに関する専門家として、ドイツのニュース専門チャンネルn‐tvおよびN24などで活躍中
赤坂 桃子 (アカサカ モモコ)  
東京生まれ。翻訳家。上智大学文学部ドイツ文学科および慶應義塾大学文学部卒。ノンフィクションから文芸まで幅広いジャンルを手がける。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)