• 本

ウドウロク

新潮文庫 う−25−1

出版社名 新潮社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-10-121326-2
4-10-121326-7
税込価格 562円
頁数・縦 246P 16cm

商品内容

要旨

49歳独身。職業・アナウンサー。これまで、いろいろなことがありました。たくさんの人と出会い、多くの言葉をもらってきました。そんなこんなを好きなように書いた本です。自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけ残っているシロい部分も詰まっています。―人気アナウンサー初の書き下ろし本、待望の文庫化!「人生で一番悩んだ決断」にいたった経緯と本心も、初めて明かしています。文庫版書き下ろしエッセイ「大人になってからの失恋」収録!

目次

1 いろんな人から、いろんなことを言われました(わき汗
スーパーマーケット ほか)
2 一生懸命生きてきました。ええ、仕事に(結婚式司会の最大の懸案
不要品 ほか)
3 酒がなかったら、この人がいなかったら…(母のこと
親父 ほか)
4 黒ウドウ(声
他人の彼氏は見えてしまう ほか)
5 白ウドウ(小心者シリーズ1 お見合い編
太る ほか)

おすすめコメント

本書は、今春NHKを退社し、フリーアナウンサーとして活躍されている有働由美子さんのエッセイ集。 2014年に刊行された単行本に、新たに加筆して文庫化されました。 有働アナと言えば、誠実さが伝わる司会ぶりや、当意即妙な仕切りをこなす一方、ほかのアナウンサーには見られない、型破りでストレートな振る舞いが魅力的ですが、本書でもそのキャラクターをいかんなく発揮。 紅白歌合戦やニューヨーク特派員時代等のエピソード、8年担当した人気番組「あさイチ」や、共に司会を務めたイノッチ(井ノ原快彦)のことから、家族の事、生い立ち、婚活や失恋話等まで硬軟織り交ぜて掲載。 そして「人生で一番悩んだ決断」という、NHK退社に至る経緯と本心も、初めて明かしています。 また、タイトルの「ウドウロク」(有働録)は反対から読むと「クロウドウ」。 「シロい」だけでなく、鋭く「クロい」視点も盛り込まれており、幅広い魅力が詰まった内容となっています。 読んでいると有働さんの声が聴こえてくるような、メリハリの効いた言葉づかいと共に軽快なテンポで綴られた一冊です。ぜひご一読ください。

出版社・メーカーコメント

49歳独身。職業・アナウンサー。これまで、いろいろなことがありました。たくさんの人と出会い、多くの言葉をもらってきました。そんなこんなを好きなように書いた本です。自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけ残っているシロい部分も詰まっています。――人気アナウンサー初の書き下ろし本、待望の文庫化! 「人生で一番悩んだ決断」にいたった経緯と本心も、初めて明かしています。

著者紹介

有働 由美子 (ウドウ ユミコ)  
1969(昭和44)年鹿児島県生れ、兵庫県、大阪府育ち。神戸女学院大学卒業後、’91(平成3)年NHK入局。2007年〜’10年ニューヨーク特派員。’10年3月より「あさイチ」のキャスター。’18年3月、NHK退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)