• 本

傍流の記者

出版社名 新潮社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-10-336053-7
4-10-336053-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 250P 20cm

商品内容

要旨

優秀な記者ばかりがそろった黄金世代。しかし、社会部長になれるのはひとりだけだった。生き残っているのは得意分野が違う、四十歳をこえた五人の男。部下の転職や妻との関係、上司との軋轢に、本流との争い、苦悩の種に惑いながら出世レースが佳境を迎えたそのとき―。新聞社が倒れかねない大スキャンダルの火の粉が、ふりかかる。出世か、家族か。組織か、保身か。正義か、嘘か。自らの経験と更なる取材で、リアリティを極限までアップデート。火傷するほど熱い、記者たちの人生を賭けた闘いを見よ!

おすすめコメント

エース級ばかりの黄金世代。だがこの中で社会部長になれるのはたったひとり――。新聞社が倒れかねない危機に男たちが選んだ道とは?

著者紹介

本城 雅人 (ホンジョウ マサト)  
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産経新聞社入社後、産経新聞浦和総局を経て、サンケイスポーツで記者として活躍。退職後、2009年に第16回松本清張賞候補となった『ノーバディノウズ』で作家デビュー。翌’10年、同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。’17年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞の他に多数の著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)