• 本

結果を出せる人の脳の習慣 「初めて」を増やすと脳は急成長する

廣済堂新書 083

出版社名 廣済堂出版
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-331-52160-1
4-331-52160-5
税込価格 918円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

興味のもてないつまらないことを長い間ガマンしないと、結果は出せない…まさかそんな誤解をしていませんか?成果をあげている人は、やりたいことをしながら自分の潜在的能力を最大限に引き出す、ちょっとしたコツを知っているのです。いますぐ誰にでも始められるささいな習慣づけと少しの勇気で、あなたの脳は成功志向に必ず生まれ変わります。

目次

第1章 初めての経験が脳を目覚めさせる(キンドルをつくれない日本人
部分最適と全体最適は違う ほか)
第2章 必ず結果を出せる脳の育み方(自分が何者かを決めつけてはいけない
だまされる人のほうが伸びる ほか)
第3章 結果につながる脳活用術(ものごとには正解などない
大切なことは二秒で決めろ ほか)
第4章 アウェーで戦える脳が日本を変える(ガラパゴス化する日本
かつての長所が足を引っ張る ほか)

著者紹介

茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年東京都生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)