• 本

修羅の契り

祥伝社文庫 つ5−29 風の市兵衛 2−22

出版社名 祥伝社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-396-34414-6
4-396-34414-7
税込価格 734円
頁数・縦 336P 16cm

商品内容

要旨

病弱の妻の薬礼を得んがため人斬りに身をやつした信夫平八。断腸の思いで平八を刀に懸けた唐木市兵衛は、彼の忘れ形見、小弥太と織江とともに新しい生活を始める。日々、絆を深くする市兵衛と子どもたち。そんな中、岡っ引の文六、お糸夫婦が寝込みを急襲された。さらに、幼い兄妹が行方不明に―子どもたちの奪還のため死地へと向かう市兵衛に“修羅の刃”が迫る!

出版社・メーカーコメント

『修羅の契り』卑劣にも父を喪った兄妹を襲う魔手に市兵衛は!病弱の妻の薬礼(やくれい)を得んがため人斬りに身をやつした信夫平八(しのぶへいはち)。断腸(だんちょう)の想いで平八を刀に懸(か)けた唐木市兵衛(からきいちべえ)は、彼の忘れ形見、小弥太(こやた)と織江(おりえ)とともに新しい生活を始める。日々、絆(きずな)を深くする市兵衛と子どもたち。そんな中、岡っ引の文六(ぶんろく)、お糸(いと)夫婦が寝込みを急襲された。さらに、幼い兄妹が行方不明に――子どもたちの奪還(だっかん)のため死地へと向かう市兵衛に“修羅(しゅら)の刃(やいば)”が迫る!

著者紹介

辻堂 魁 (ツジドウ カイ)  
1948年、高知県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、出版社勤務を経て執筆業に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)