• 本

歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎

出版社名 淡交社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-473-04249-1
4-473-04249-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

高麗屋三代の襲名も、『ワンピース』の大人気も、すべては、ここから始まった!演劇記者歴25年の取材秘話も満載。黄金期のステージがよみがえるノンフィクション回想録。「非公式」歌舞伎史1984〜1988。

目次

1984年(初体験は三代目市川猿之助―『極付獨道中五十三驛』7月・歌舞伎座
團十郎はワルいやつ?―『伊勢音頭恋寝刃』9月・歌舞伎座 ほか)
1985年(規格外の女形・坂東玉三郎―『桜姫東文章』3月・歌舞伎座
江戸荒事の大名跡「團十郎」が復活―『外郎売』5月・歌舞伎座 ほか)
1986年(最後の無頼派・尾上辰之助―『天竺徳兵衛韓噺』1月・国立劇場
梅幸が七代目菊五郎を継がなかったワケ―『寺子屋』1月・歌舞伎座 ほか)
1987年(十八代目中村勘三郎の「我が世の春」―『門出二人桃太郎』1月・歌舞伎座
女の園を激怒させた坂東三津五郎―『文七元結』3月・歌舞伎座 ほか)
1988年(はからずも兄弟競演となった松本幸四郎―『菅原伝授手習鑑』2月・歌舞伎座
團十郎の勘平―『仮名手本忠臣蔵』3月・歌舞伎座 ほか)

著者紹介

松島 奈巳 (マツシマ ナミ)  
演劇記者。1965年静岡県生まれ。筑波大学日本文学科卒業(歌舞伎専攻)。総合週刊誌の演劇・映画担当記者を経て、放送専門誌『GALAC』(放送批評懇談会)や演劇情報誌『シアターガイド』他で、演劇コラムやインタビュー記事を執筆。2007年から、筑波大学非常勤講師(「ジャーナリズムとメデイアの現在」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)