• 本

山手線をゆく、大人の町歩き 鉄道、建築、歴史、食

河出文庫 す12−5

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-309-41609-0
4-309-41609-8
税込価格 734円
頁数・縦 202P 15cm

商品内容

要旨

東京の中心部をぐるぐるまわる山手線を、全駅制覇。都心に今も残る昭和の香り、江戸からの歴史あるスポット、そして東京オリンピックを前に、大変貌を遂げようとしてる東京の未来図まで、各駅停車で見てまわる、大人のためのお散歩ガイド。各駅ごとに鉄道コラムも掲載。いつもの街の意外な楽しさ、ディープな魅力に触れ、町歩きの楽しさを再発見する。

目次

江戸からの街(東京―超高層ビルが見下ろす赤煉瓦駅舎
神田―江戸っ子のふるさと ほか)
江戸の郊外(鴬谷―ホテル街と文人の侘び住まい
日墓里―谷根千散歩の最寄り駅 ほか)
明治に山の手となった街(目白―山の手の真髄を味わう
高田馬場―インターナショナルなB級グルメの街 ほか)
坂上と坂下の違いを楽しむ街(恵比寿―ビール工場があった昭和の風情
目黒―高台の駅から地形散歩を楽しむ ほか)
海に近い街(田町―新駅誕生に向けて変わる街
浜松町―意外な観光名所の密集地 ほか)

おすすめコメント

東京の中心部をぐるぐるまわる山手線を各駅停車の町歩きで全駅制覇。今も残る昭和の香り、そして最新の再開発まで、意外な魅力に気づき、町歩きの楽しさを再発見する一冊。各駅ごとに鉄道コラム掲載。

著者紹介

鈴木 伸子 (スズキ ノブコ)  
東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業後、雑誌「東京人」編集室に勤務。1997年より副編集長。2010年退社。都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)