• 本

いつかすべてが君の力になる

14歳の世渡り術

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-309-61713-8
4-309-61713-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 170P 図版12P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • この本にアニメキャラはいない。いるのは梶さんだ!

    もう、声を聞くだけで「あ〜!知ってる!」となる方も
    熱烈なファンの人も大好きな声優さんが語り掛ける自己啓発本...、
    のような自叙伝ぷらす全ての人に贈る応援本!

    「あーしろ、こーしろ。」とか、押しつけがましい事は一切無く、
    ご自分の経験を優しく語り掛けてくれる。
    別に「これ読んだらビジネス成功!」とかはありませんが、「14歳の世渡り術」
    シリーズなので気軽に読めるようになっています。

    「本、読みたくねえ〜。」っていう14歳以上も以下も
    エレンの声が聞こえてきたら、あなたも共感しているかもよ?

    (2018年7月21日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大人気声優が伝える“夢”を仕事にする方法。

目次

第1章 僕が14歳だった頃(怒られたくない、嫌われたくない
将来、なりたいものはありますか?
常に「自分はないをすべきか」を考える ほか)
第2章 夢に向かって進むということ(「自分」ってなんだろう?
夢は、声に出してしまおう
究極の選択に、「タラレバ」はない ほか)
第3章 「声優」って、どんな仕事?(「切り替える力」と「瞬発力」
声優の仕事はどう決まる?
「汎用性」VS「個性」 ほか)
第4章 プロフェッショナルとは(自分だけの指標を持つ
なんのために演じるのか?
常にベストな環境で演じるために ほか)
第5章 選ばれ続けるために(夢の先にあるもの
若手の台頭にどう立ち向かう?
夢は尽きないもの ほか)

おすすめコメント

『進撃の巨人』エレン・イェーガー役など数々の話題作で主役を務める実力派声優が、下積み時代の苦悩から「声優」という仕事への思いまでを語った、夢に向かう全ての人にエールを送る1冊!

著者紹介

梶 裕貴 (カジ ユウキ)  
ヴィムス所属。1985年東京都生まれ。2004年、ゲームで声優デビュー。2008年度「第3回声優アワード」にて新人男優賞を、2012、2013年度の2年連続で「声優アワード」主演男優賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)