• 本

犯人に告ぐ 2下

闇の蜃気楼

双葉文庫 し−29−05

出版社名 双葉社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-575-52109-2
4-575-52109-4
税込価格 693円
頁数・縦 303P 15cm
シリーズ名 犯人に告ぐ

商品内容

要旨

身代金受け渡しの日時を目前に控え、捜査を指揮する神奈川県警の巻島は、被害者家族と警察の間に言いしれぬ溝を感じ取っていた。被害者家族の協力のもと捜査態勢を敷く神奈川県警だったが、それを嘲笑うかのように裏では犯人側の真の計画が進行していた―。姿の見えない犯人を追う警察、巧妙な罠を張り巡らす犯人グループ、子どもの命を救うため葛藤し続ける被害者家族。三者は互いに牽制し合い、前代未聞の攻防を繰り広げる。そして迎える結末とは!?ミリオンセラーを記録した警察小説の金字塔、渾身のシリーズ第二弾!

おすすめコメント

横浜の老舗和菓子メーカー[ミナト堂]の社長父子誘拐事件は、社長の水岡勝俊だけが解放され、様々な憶測を呼んでいた。犯人を追う巻島ら警察、身代金受け取りに策を巡らす犯人グループ、人質の息子を救おうとする被害者家族――、三者間でギリギリの駆け引きが始まる!累計135万部突破の大ヒット作、待望の第2弾!!

著者紹介

雫井 脩介 (シズクイ シュウスケ)  
1968年愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年に第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』でデビュー。04年『犯人に告ぐ』を上梓すると、たちまちベストセラーとなり、同年の「週刊文春ミステリーベストテン」では第1位に選出される。翌年には第7回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)