• 本

人間の偏見動物の言い分 動物の「イメージ」を科学する

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-7816-1661-2
4-7816-1661-5
税込価格 1,836円
頁数・縦 271P 19cm

商品内容

要旨

キツネは“ずるい”、タヌキは“まぬけ”…そのイメージにはワケがあった!動物の「ステレオタイプ」はどこから生まれたのか!?生態学者がひもとく「ヒトと動物の関係」

目次

第1章 たくさんある動物にまつわる言葉
第2章 動物へのイメージはどこからきたのか?
第3章 ペットとしての動物
第4章 家畜としての動物
第5章 代表的な野生動物
第6章 利用される「野生」動物
第7章 動物観の変遷
第8章 私たちは動物とどう向き合うか

著者紹介

高槻 成紀 (タカツキ セイキ)  
1949年鳥取県生まれ。東北大学大学院理学研究科修了、理学博士。東京大学、麻布大学教授を歴任。現在は麻布大学いのちの博物館上席学芸員。専攻は生態学、動物保全生態学。ニホンジカの生態学研究を長く続け、シカと植物群落の関係を解明してきた。最近では里山の動物、都市緑地の動物なども調べている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)