• 本

飛ぶ孔雀

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-16-390836-6
4-16-390836-6
税込価格 2,160円
頁数・縦 243P 20cm

商品内容

文学賞情報

2018年 第46回 泉鏡花文学賞受賞

要旨

庭園で火を運ぶ娘たちに孔雀は襲いかかり、大蛇うごめく地下世界を男は遍歴する。伝説の幻想作家、待望の連作長編小説。

出版社・メーカーコメント

シブレ山の石切り場で事故があって、火は燃え難くなった。シブレ山の近くにあるシビレ山は、水銀を産し、大蛇が出て、雷が落ちやすいという。真夏なのに回遊式庭園で大茶会が催され、「火を運ぶ女」に選ばれた娘たちに孔雀は襲いかかる。――「T 飛ぶ孔雀」 秋になれば、勤め人のKが地下の公営浴場で路面電車の女運転士に出会う。若き劇団員のQは婚礼を挙げ、山頂の頭骨ラボへ赴任する。地下世界をうごめく大蛇、両側を自在に行き来する犬、男たちは無事に帰還できるのか?――「U 不燃性について」  伝説の幻想作家、8年ぶりとなる連作長編小説。「彗星のごとく戻ってきた山尾悠子が新たな神話圏を築いた」(清水良典氏)

著者紹介

山尾 悠子 (ヤマオ ユウコ)  
1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文学科卒業。75年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン」早川書房)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)