• 本

プラトン思想のアナロジー ポパーとロスの解釈をめぐって

出版社名 学研プラス
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-05-406626-7
4-05-406626-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 193P 21cm

商品内容

要旨

本書は、ポパーとロスの鋭い問題提起を基に、プラトン思想の新たな側面に光を当てるべくアプローチの可能性を探り、分析と解釈を展開した一試論である。

目次

第1部 プラトン政治哲学解釈とその問題点―K.R.ポパーの分析と批判を中心として(はしがき
プラトンのイデア論
プラトンの歴史主義
プラトンの「最善の国家」
結び)
第2部 プラトン思想の数的アナロジー―W.D.ロスの分析と解釈を中心として(はしがき
プラトンの「書かれざる教説」
プラトンのイデア数
プラトンのイデア、魂、感覚的事物
結び)

おすすめコメント

K・R・ポパーとW・D・ロスのプラトン思想解釈をめぐる一冊。第一部/プラトン政治哲学解釈とその問題点―K・R・ポパーの分析と批判を中心として 第二部/プラトン思想の数的アナロジー―W・D・ロスの分析と解釈を中心として