• 本

ここから始まる 人生100年時代の男と女

出版社名 集英社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-08-786101-3
4-08-786101-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 208P 19cm

商品画像

商品内容

要旨

カップルは、128歳。実体験に基づく、人生100年代時代の愉しみ方。

目次

春よ、来い。(妖女、聖女、狂女、いずれでもあるような
好奇心こそアンチエイジングのホルモン
思わなければ始まりがない
年齢意識は固定観念にすぎない
短所は個性ではないか ほか)
薔薇日和(二〇一五年‐立夏
二〇一五年‐小暑
二〇一五年‐白露
二〇一五年‐立冬
二〇一五年‐冬至 ほか)

出版社・メーカーコメント

恋は若者だけの特権ではない。人生100年時代、熟年世代の恋愛や結婚に注目が集まる中、実生活でもパートナーである2人が婚約を機に、恋愛により深まっていく思いを語り合った対談とエッセイ。

著者紹介

蜷川 有紀 (ニナガワ ユキ)  
画家・女優。1978年、つかこうへい版『サロメ』で、3000人の中から主役に選ばれ、女優としてデビュー。81年、映画『狂った果実』でヨコハマ映画祭新人賞受賞。2008年、Bunkamura Galleryでの絵画展『薔薇めくとき』で情報文化学会・芸術大賞受賞。大正大学客員教授、(財)全国税理士共栄会文化財団/芸術活動分野選考委員、Innovative Technologies特別賞選考委員、青森県立美術館アドバイザーなど、多くの文化活動にも貢献している
猪瀬 直樹 (イノセ ナオキ)  
作家。1946年、長野県生まれ。1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞。2002年6月、道路公団民営化委員に就任。2007年6月、東京都副知事、2012年12月、東京都知事に就任。2013年12月辞任。2015年12月より大阪府市特別顧問。日本文明研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)