• 本

子どもたちからの贈りもの レッジョ・エミリアの哲学に基づく保育実践

出版社名 萌文書林
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-89347-265-6
4-89347-265-8
税込価格 3,080円
頁数・縦 205P 23cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

越境の経験(ELCでのレッジョの哲学による実践の軌跡
レッジョの哲学における素材と場のしつらえ)
ELCの物語(歴史
カリキュラムの枠組み ほか)
アトリエの思想(アトリエの解釈
素材 ほか)
理論と実践の両輪(探究1 公園との対話
探究2 みんなの特別な箱 ほか)

著者紹介

カンチェーミ ジュンコ (カンチェーミ ジュンコ)  
カンチェーミ・潤子。横浜インターナショナルスクールアーリーラーニングセンター前園長、カンチェーミ・コーポレーション(株)取締役副社長、JC Academy代表。教育コンサルタント。専門領域:教育学。英国バース大学教育学博士課程修了。博士(教育学)バース大学。東京聖心インターナショナルスクールの教員を皮切りに、横浜市山手町にある横浜インターナショナルスクールのアーリーラーニングセンターの責任者を17年間務めるなど、日本における国際幼児教育の先駆者として40年近くのキャリアをもつ
秋田 喜代美 (アキタ キヨミ)  
東京大学大学院教育学研究科教授、同附属発達保育実践政策学センター長。専門領域:保育学、学校教育学、授業研究。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)東京大学。東京大学教育学部助手、立教大学文学部講師、助教授を経て、1999年より東京大学大学院教育学研究科に勤務し、現職。社会的制度としての保育、教育の場における子どもと大人が育ち合うための環境や場とそこへの視点に関する研究を園内研修や授業研究の場に立ち会いながら行っている。第7代日本保育学会会長(2009〜2016年)。OECD乳幼児教育ネットワークビューロー常任理事、WALS(世界授業研究学会)副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)