• 本

酒場っ子

出版社名 スタンド・ブックス
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-909048-03-5
4-909048-03-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 318P 18cm

商品内容

目次

大衆酒場の存在に気づかせてくれたお店―高円寺「大将」
中央線的大衆酒場の象徴だった―高円寺「あかちょうちん」
見える人にしか見えないお店―渋谷「細雪」
大都会新宿、最後の聖域―新宿「番番」
超絶品肉料理の数々、だけど本当の魅力は…―練馬「友愛」
「湯上がり酒場」の究極系―中村橋「貫井浴場」
24時間営業酒場の激選区なら早朝ハシゴ酒も可能―池袋「若大将まつしま」
酒場探索で一番嬉しいパターン―笹塚「井口」
定食屋飲みの最高峰―成増「やまだや」
もつ鍋ってこんなにうまいもんだったんだ!―池袋「もつ鍋帝王ふるさと」〔ほか〕

おすすめコメント

安い! 嬉しい! 楽しい! 大好き! 若手飲酒シーンの旗手、グルメじゃない酒場ライター・パリッコ、初のエッセイ集、ついに刊行! 粋過ぎず通過ぎずおつ過ぎず。どんな酒場も楽しんでしまう。右肩下がり時代のまったく新しいリアルな酒場風景。なんてすごい店がこんな場所にあったんだ!? 全国の大衆天国酒場100店(超)!

著者紹介

パリッコ (パリッコ)  
1978年東京生まれ。酒場ライター、DJ/トラックメイカー、漫画家/イラストレーター、他。酒好きが高じ、2000年代後半よりお酒と酒場関連の記事の執筆を始める。雑誌でのコラムや漫画連載、WEBサイトへの寄稿も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)