• 本

帰宅が早い人がやっているパソコン仕事最強の習慣112

出版社名 翔泳社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-7981-5627-9
4-7981-5627-2
税込価格 1,490円
頁数・縦 231P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

多くの人が何気なくやっているパソコン操作、実は「無駄がいっぱい」です。本書では、そんなみなさんの手助けをするために、Microsoft MVPの筆者が、本当に役立つ実用的な習慣を紹介しています。仕事がデキる人は「習慣」が違います。みなさんも、デキる人がやっているパソコンの習慣をぜひ身につけて下さい。

目次

1 まずは身につけたい11の習慣
2 Windows操作の無駄をゼロにする14の習慣
3 Word & Excelの無駄をゼロにする27の習慣
4 文字入力の無駄をゼロにする16の習慣
5 ファイルを探す無駄をゼロにする15の習慣
6 メール操作の無駄をゼロにする8の習慣
7 情報収集の無駄をゼロにする21の習慣
Appendix 付録

おすすめコメント

本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、ぜひ本書をご一読ください。

出版社・メーカーコメント

一生役立つパソコンの習慣を身につけよう! 帰宅が早い人は「習慣」が違う! 仕事が速い人と遅い人には、どのような違いがあるのでしょう。 それはズバリ「パソコンの習慣」です。 多くの人が日常的に行っているパソコン操作には、 実は様々な「無駄」があります。そして仕事が速い人は、 無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行う習慣がついているのです。 本書は、「無駄な手間を減らすこと」をテーマに、 「仕事が速い人が身につけているパソコンの習慣」を紹介しています。 「マウスはできるだけ使わず、ショートカットキーで操作する」 「電源はいちいち落とさない」「困ったらとりあえず右クリック」など、 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。 本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 【本書が推奨する習慣(例)】 ・パソコンの電源はいちいち切らない ・マウスはできるだけ使わない ・よく使うアプリは「タスクバー」に置いておく ・紙を一切使わずに印刷する ・Excelのセルで勝手な「文字変換」をさせない ・ファイルの中身は「開かず」に確認する ・よく使う文字列は2~3文字で入力できるようにしておく 【目次(抜粋)】 ・Chapter1 まずは身につけたい11の習慣 ・Chapter2 Windows操作の無駄をゼロにする14の習慣 ・Chapter3 Word&Excelの無駄をゼロにする27の習慣 ・Chapter4 文字入力の無駄をゼロにする16の習慣 ・Chapter5 ファイルを探す無駄をゼロにする15の習慣 ・Chapter6 メール操作の無駄をゼロにする8の習慣 ・Chapter7 情報収集の無駄をゼロにする21の習慣 ・Appendix ローマ字入力対応表/Windowsショートカットキー一覧表

著者紹介

橋本 和則 (ハシモト カズノリ)  
IT著書は80冊以上に及び、代表作には「Windows10上級リファレンス」(翔泳社)のほか、上級マニュアルシリーズ(技術評論社)などがある。IT機器の使いこなしやWindowsOSの操作、カスタマイズ、ネットワークなど、わかりやすく個性的に解説した著書が多い。震災復興支援として自著書籍をPDFで公開。Windows10/8/7シリーズ関連Webサイトの運営のほか、セミナー、著者育成など多彩に展開している。Microsoft MVP(Windows and Devices for IT)を12年連続受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)