• 本

企画書は10分で書きなさい

出版社名 方丈社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-908925-31-3
4-908925-31-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

「盛った企画書」「うまい文章」「企画書のための企画書」…なんて誰も求めていない!企画書の基本は「課題」と「その解決方法」。シンプルに考え、スピーディに書く、超メソッド!

目次

第1章 「企画は難しい」の呪縛を取り払う―企画とは何か?を理解する
第2章 ゼロから考えなければ、企画はグッとラクに―企画はどうやってつくるのか
第3章 デスクから離れると企画は考えやすくなる―いつでもどこでも「素材」は考えられる
第4章 常にメモを取れているか、が明暗を分ける―スマホで常にメモ、のススメ
第5章 「どんな課題を、どんなふうに解決するか」書くだけ―10分で書く「素材企画術」
第6章 本人が面白がっていない企画は面白くない―企画を面白くする考え方

おすすめコメント

◎企画に特別な才能はいらない  ◎アイディア・発想力は関係なし  ポイントは「ターゲット」「課題解決」「素材」シンプルな手順で企画書は書ける! 企画書に悩むビジネスパーソンに最適の1冊!   <目次より> 企画や企画書で苦しむのは、もうやめよう/企画の目的は、企画することではない/ゼロから考えなければ、企画はグッとラクになる/企画を考えるときに最も危険な言葉=「面白い」/必要なのは、創造力よりも「想像力」/やってはいけない独りよがりの企画/実は、脳はずっと考えてくれている/この本の内容も、スマホでメモしていた/企画書の基本は、「課題」と「その解決方法」/「うまい文章」なんて、誰も求めていない/企画書「素材」の骨子は課題と解決方法/企画を面白くする考え方/自分がやりたいことを貫き通す、という生き方/「やりたい」と心から思えれば、5分で企画書は書ける・・・。

著者紹介

上阪 徹 (ウエサカ トオル)  
1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がける。人気ブックライターとして数々の書籍に携わる、執筆&企画の達人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)