• 本

おなかにいるときからはじめるべびぃケア 妊娠・出産・育児を気持ちよく

新版

出版社名 合同出版
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-7726-1351-4
4-7726-1351-X
税込価格 1,606円
頁数・縦 135P 21cm
シリーズ名 おなかにいるときからはじめるべびぃケア

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

赤ちゃんとママのからだを整えるべびぃケアをはじめましょう。おなかの中を整えて、赤ちゃんとママに心地いい妊娠・出産。だっこ、おっぱい、ねんねをケアして、赤ちゃんもママも気持ちいい毎日。妊娠・出産・育児がらくらく楽しくなります。

目次

第1章 妊娠から産後のママ&赤ちゃんのためのママケア(ママケアと骨盤の関係
骨盤は子宮の入れもの ほか)
第2章 べびぃケアの基本(赤ちゃんの機嫌が悪いのは?
体を守る反射と反応 ほか)
第3章 ねんねから首がすわるまでのべびぃケア―生まれてから4・5カ月まで(赤ちゃんが喜ぶ抱っこのしかた
いろいろな抱っこ1 リラックスの抱っこ ほか)
第4章 首すわりからあんよまでのべびぃケア―4カ月から1歳まで(首がすわったかどうかの見分け方
首がすわってからの抱っこと寝かせ方 ほか)
第5章 ママと楽しくべびぃケア遊び(楽しく遊んで赤ちゃんをよりすこやかに
視線合わせ ほか)

著者紹介

吉田 敦子 (ヨシダ アツコ)  
助産師・NPO法人母子フィジカルサポート研究会代表理事。1983年、東京大学医学部附属助産婦学校卒業。名古屋市立大学病院他、市民病院、都立病院勤務。2011年、母子フィジカルサポート研究会代表理事に就任。認定講師として全国でセミナーを開催。東京で出張整体サロン「mommy & baby高輪」を主宰し、妊産婦と赤ちゃんのケアをおこなっている
杉上 貴子 (スギウエ タカコ)  
助産師・保健師。NPO法人母子フィジカルサポート研究会認定講師。1985年、千葉大学看護学部看護学科卒業。東京女子医大短大(現大学)看護学部母性看護講座助手。2001年、「mamaルーム杉上」開業。妊産婦や乳幼児の個別ケアや各種教室の講師を務め、認定子ども園でのからだ育てを監修。母子フィジカルサポート研究会の認定講師として全国でセミナーを開催。また、会議や研修にてファシリテーションを取り入れ、効果的な関係づくりを進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)