• 本

夢に抱かれて見る闇は

角川ホラー文庫 Hお8−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-04-106774-1
4-04-106774-X
税込価格 704円
頁数・縦 270P 15cm

商品内容

要旨

男を初めて部屋に上げるときは、かなりの勇気がいる。もしこの男に、見えてしまったら。もうすぐ40歳の真千子の部屋には、かつての恋人の骸骨が立っている。暗闇の中、知り合ったばかりの男の愛撫に感じたのは…(「枯骨の恋」)。職場のパワハラで自殺した同僚。実家を訪れた千穂が知った、若い死者に対する奇妙な風習とは(「アブレバチ」)。第3回『幽』怪談文学賞受賞作が待望の文庫化。女たちの怖くてエロティックで美しい物語。

おすすめコメント

私の部屋には、捨てた男の骸骨が立っている…「嘘愛」著者のデビュー受賞作 男を初めて部屋に上げるときには、かなりの勇気がいる。もしこの男に、見えてしまったら…。30〜40代女性の情念と現実、その中で少しでも光を掴みたいともがく姿を描く、怖くてエロくて美しい怪談短編集

著者紹介

岡部 えつ (オカベ エツ)  
1964年、大阪府生まれ、群馬県育ち。2008年、第3回『幽』怪談文学賞短編部門“大賞”を受賞、翌年、受賞作を表題とした短編集『枯骨の恋』でデビュー(文庫化にあたり『夢に抱かれて見る闇は』と改題)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)