• 本

骨と墓の考古学 大都市江戸の生活と病

角川ソフィア文庫 I149−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-04-400281-7
4-04-400281-9
税込価格 994円
頁数・縦 247P 15cm

商品内容

要旨

大都会のビル群の下、眠りつづける無数の骨。考古学者によって掘り起こされた「古人骨」は、かつてこの町に暮らした近世人の姿をいきいきと物語る。町人か侍か。病死か、事故死か、はたまた人柱か。銭や爪、入れ歯など副葬品の意味とは―?けがや流行り病、食事や性生活、衛生状態や老後の暮らしまで、文献に残らない歴史を、科学の力で解き明かす。人骨をみると「わくわくする」という著者が手まねきする、都市古病理学への招待。

目次

第1章 古人骨からみた江戸八百八町(人骨と江戸の町
墓と副葬品)
第2章 骨と墓から何がわかるか(将軍の遺体と墓
墓からわかる江戸人の病気 ほか)
第3章 地方の暮らし(武家の人たち
農村の人たち ほか)
第4章 一七、一八世紀の英国とロンドン(遺跡とペスト
遺跡は語る ほか)
第5章 近世都市・江戸(巨大都市、江戸
過密とクリーン ほか)

おすすめコメント

病死? 事故死? 人柱? ──骨には人生が刻まれている 近世人の姿をいきいきと物語る古人骨。町人か侍か。病死か事故死か人柱か。けがや流行り病、食事や性生活、衛生状態や老後の暮らしまで、文献に残らない歴史を科学の力で解き明かす都市古病理学への招待。

著者紹介

谷畑 美帆 (タニハタ ミホ)  
1966年、京都市生まれ。明治大学黒耀石研究センター・センター員、同大学文学部兼任講師。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業、東京芸術大学大学院美術研究科芸術学科保存科学専攻博士課程修了(学術博士)。英国自然史博物館特別研究員、北里大学一般教育部特別研究員などを経て現職。遺跡から出土する古人骨を、考古学と人類学の研究手法によって鑑定し、過去の社会や生活の様相を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)