• 本

地球気候学 システムとしての気候の変動・変化・進化

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-13-062728-3
4-13-062728-7
税込価格 3,672円
頁数・縦 232P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 地球気候システムとは(システムとはものの見方である
地球気候システムを特徴づけるもの ほか)
第2章 現在の地球気候はどう決まっているか(地球大気の鉛直構造はどう決まっているか
地球気候の南北分布と季節変化はどう決まっているか ほか)
第3章 地球気候システムの変動と変化(複雑系としての気候システムの変動と変化の特性
地球規模の気候変化を引き起こす4つの要因 ほか)
第4章 地球気候システムの進化(地球システムの進化という見方
水惑星地球の誕生 ほか)
第5章 人間活動と気候システム変化(人間活動は地球気候にどう影響してきたか
気候変化の近未来(〜100年先)予測 ほか)

著者紹介

安成 哲三 (ヤスナリ テツゾウ)  
総合地球環境学研究所所長、筑波大学・名古屋大学名誉教授、理学博士。1947年生まれ。1971年京都大学理学部卒。1992年筑波大学地球科学系教授。1977‐2005年海洋研究開発機構地球フロンティア研究システム・領域長(兼任)。2002年名古屋大学地球水循環研究センター教授。2003年東京大学教授(併任)。2013年より現職。受賞:日本気象学会山本賞(1981年)、日本気象学会賞(1986年)、日経地球環境技術賞(1991年)、日本気象学会藤原賞(2002年)、水文・水資源学会功績賞(2014年)、日本地球惑星科学連合フェロー(2015年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)