• 本

選んだ孤独はよい孤独

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-309-02685-5
4-309-02685-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 173P 20cm

商品内容

要旨

地元から出ないアラサー、女子が怖い高校生、仕事が出来ないあの先輩…誰もが逃れられない「生きづらさ」に寄り添う、人生の切なさとおかしみと共感に満ちた19編。情けなくも愛すべき男たちの「孤独」でつながる物語。「女のリアル」の最高の描き手・山内マリコが「男のリアル」をすくいあげた新たなる傑作!

おすすめコメント

地元から出ようとしない二十代、女の子が怖い高校男子、仕事が出来ないあの先輩……。人生にもがく男性たちの、それぞれの抱える孤独の温度を浮かび上がらせる、愛すべき19の物語。

著者紹介

山内 マリコ (ヤマウチ マリコ)  
1980年富山県生れ。大阪芸術大学映像学科卒業。2008年「16歳はセックスの齢」で「女による女のためのR‐18文学賞読者賞」を受賞。2012年、初の単行本『ここは退屈迎えに来て』を刊行、地方に生きる若い女性のリアルを描き、同世代の女性読者を中心に一躍人気作家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)