• 本

Pythonデータサイエンスハンドブック Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit‐learnを使ったデータ分析、機械学習

出版社名 オライリー・ジャパン
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-87311-841-3
4-87311-841-7
税込価格 4,620円
頁数・縦 531P 24cm

商品内容

要旨

Pythonのデータサイエンス用のツールを使いこなし、効率よく仕事を進めるための、実用的な情報が詰め込まれたリファレンスです。IPythonとJupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit‐learnをカバーします。それぞれのトピックについて、押さえておくべき基本、tips、便利なコマンドなどを紹介します。Pythonでデータの操作、変換、可視化、統計的処理、データモデルの構築、科学計算を行う人にとってはいつも手元に置いておきたい「使える」一冊です。

目次

1章 IPython:Pythonより優れたPython(シェルかnotebookか
IPythonのヘルプシステムとドキュメント ほか)
2章 NumPyの基礎(Pythonのデータ型について
NumPy配列の基礎 ほか)
3章 pandasを使ったデータ操作(pandasのインストールと使用方法
pandasオブジェクトの基礎 ほか)
4章 Matplotlibによる可視化(Matplotlibの基礎知識
同じ結果を得る2つのインターフェース ほか)
5章 機械学習(機械学習とは?
scikit‐learnの紹介 ほか)

著者紹介

ヴァンダープラス,ジェイク (ヴァンダープラス,ジェイク)   VanderPlas,Jake
Python科学分野において長年にわたりユーザ兼開発者として活躍。2012年、ワシントン大学で天文学のPh.Dを取得。ワシントン大学の異分野研究ディレクターとして、自身の天文学の研究を行うだけでなく、幅広い分野の科学者たちへのアドバイスやコンサルティングを行う
菊池 彰 (キクチ アキラ)  
日本アイ・ビー・エム株式会社勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)