• 本

小売再生 リアル店舗はメディアになる

出版社名 プレジデント社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-8334-2273-4
4-8334-2273-5
税込価格 1,944円
頁数・縦 338P 19cm

商品内容

目次

第1部 小売はもう死んでいる(マーク・アンドリーセンの不吉な予言
ウォルマートのジレンマ ほか)
第2部 メディアが店舗になった(Eコマース3・0
AIで実現するCコマースの世界 ほか)
第3部 店舗がメディアになる(なぜ人は買い物が好きなのか?
モノはいらない、経験が欲しい ほか)
第4部 小売再生戦略(他者に破壊される前に自己破壊できるか
小売のイノベーションを再定義する ほか)

おすすめコメント

リアル小売不振の元凶とされるアマゾンだが、アメリカでも小売全体でのアマゾンの売上は1割に満たない。本当の問題は小売業界が消費者の価値観のシフトをとらえきれていないこと。ポストデジタル時代、店舗はメディア化し、商品はコンテンツ化する。消費者に「ワクワク」「わたしだけ」「期待以上」を届けるためのイノベーションの起こし方。

著者紹介

スティーブンス,ダグ (スティーブンス,ダグ)   Stephens,Doug
世界的に知られる小売コンサルタント。リテール・プロフェット社の創業社長。人口動態、テクノロジー、経済、消費者動向、メディアなどにおけるメガトレンドを踏まえた未来予測は、ウォルマート、グーグル、セールスフォース、ジョンシン&ジョンソン、ホームデポ、ディズニー、BMW、インテルなどのグローバルブランドに影響を与えている
斎藤 栄一郎 (サイトウ エイイチロウ)  
翻訳家・ライター。山梨県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)