• 本

死後開封のこと 下

創元推理文庫 Mモ6−4

出版社名 東京創元社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-488-29707-7
4-488-29707-2
税込価格 1,078円
頁数・縦 285P 15cm
シリーズ名 死後開封のこと

商品内容

要旨

夫の秘密を知ってしまったセシリアは、普段どおりの生活を続けようと苦闘する。一方故郷へと帰ってきたテスは、夫や子供には言えない秘密を持つことになってしまった。そして老婦人レイチェルは、ついに最愛の娘の殺人犯と思われる男を示す新しい証拠を手に入れるが…。秘密を胸に、懸命に生きようとする三人の女をあざ笑うかのように、運命は衝撃の事件へと彼女たちを導く!

おすすめコメント

長年にわたって隠し続けてきた夫の秘密を知ってしまったセシリアは、普段どおりの生活を続けようと苦闘する。逆に故郷へと帰ってきたテスは、そこで夫や子供には言えない秘密を持つことになってしまった。そして老婦人レイチェルは、ついに最愛の娘の殺人犯と思われる男の証拠を手に入れるが……。それぞれの秘密を胸に、それでも懸命に生きようとする三人の女をあざ笑うかのように、運命は衝撃の事件へと、彼女たちを導いていく!

著者紹介

モリアーティ,リアーン (モリアーティ,リアーン)   Moriarty,Liane
1966年オーストラリア生まれ。コピーライターとして広告業界でキャリアを積んだのちに2004年から作家に転身、処女作Three Wishes(2003)以降すべての作品がベストセラー入りしている。シドニー在住
和爾 桃子 (ワニ モモコ)  
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)