• 本

司馬遼太郎がゆく

小学館文庫プレジデントセレクト Pは1−1

出版社名 小学館
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-09-470022-0
4-09-470022-6
税込価格 810円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

司馬遼太郎の足跡をたどれば、混迷する今を生き抜く指針が見えてくる。作家や宗教学者、経営者が司馬作品の魅力の核心に迫る。故司馬遼太郎夫人・福田みどり氏の特別インタビュー「あの人は本当に命懸けでやっていた」も収録した愛蔵版。

目次

第1章 日本人の心には「天然の無常」が宿っている―司馬遼太郎vs山折哲雄
第2章 あの人は本当に命懸けでやっていた
第3章 『坂の上の雲』と日本人
第4章 司馬作品の魅力
第5章 司馬遼太郎の勉強法
第6章 司馬遼太郎を旅する
第7章 司馬遼太郎記念館に託した「想い」

出版社・メーカーコメント

作家や歴史学者が解き明かす司馬作品の魅力『竜馬がゆく』 『坂の上の雲』 『国盗り物語』 『新選組血風録』……。半藤一利氏、山折哲雄氏、童門冬二氏ほか、作家や歴史学者が司馬遼太郎の代表作を取り上げ、その世界観と魅力を解き明かす。生涯、「日本人とは何か」を追求し続けた司馬遼太郎の足跡をたどり、混迷する現代を生きる指針を見出していく。対談に登場する山折氏のほか、司馬遼太郎記念館館長や、つき合いのあった編集者など縁深い関係者も寄稿し、司馬遼太郎の知られざる人物像に触れることができる。「知の巨人」司馬遼太郎が示した「良き日本」への道標とは?本書は以下の著者に寄稿いただいています(掲載順)。豊田 穣、池田 清、半藤一利、川村 湊、孫 正義、童門冬二、松本健一、有吉伸人、村井重俊、吉岡 忍、村松友視、八尋舜右、上村洋行。

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930年、東京都生まれ。東京大学卒業。文藝春秋に入社、各編集長、出版局長、専務取締役などを歴任。在職中から執筆活動を始め、『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎賞を受賞
童門 冬二 (ドウモン フユジ)  
1927年、東京都生まれ。東京都庁企画調整室長、政策室長などを歴任。79年に退職し、作家として独立する。人間管理と組織運営の実学を歴史のなかで検証する手法を確立した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)