• 本

ぼくは泣かない 甲子園だけが高校野球ではない

出版社名 廣済堂出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-331-52162-5
4-331-52162-1
税込価格 1,080円
頁数・縦 229P 19cm

商品内容

要旨

日本全国であった、泣ける高校野球ストーリー。

目次

ぼくは泣かない―震災に遭ったけど、ぼくは泣かない…その理由は
ベンチ入りしたい―小さいころからの夢をかなえるために兵庫から東北へ行くが…
軟式野球には、甲子園がない―初めて「軟式」野球部の監督となり、指導観や野球観が変わっていく
マネージャー一人の野球部―女子マネージャーが部員を集めて、夏の大会の単独チーム出場をめざす
不登校だったぼくが―中学では不登校だったが、高校の野球部ではキャプテンとなる
息子を見守って―高校に野球の特待生で入り、レギュラー入りをめざす息子に母の視点は
プロ野球選手の弟―プロ野球選手になる兄の存在を、プレッシャーに感じるなかで
父と娘―父が教員をしている高校の甲子園出場を観て…
恩師との苦い思い出―高校卒業から数十年、野球部員だったときのある場面を思い出す
被災して―福島で被災しトラウマをかかえながら、野球を続ける〔ほか〕

著者紹介

岩崎 夏海 (イワサキ ナツミ)  
1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家としてテレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースにも携わる。2009年、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を著す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)