• 本

タイワニーズ 故郷喪失者の物語

出版社名 小学館
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-09-389779-2
4-09-389779-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 315P 19cm

商品内容

要旨

日本は台湾を二度も捨てた。それでも彼らがいたから、強く、深くつながり続けた。在日台湾人のファミリーヒストリー。

目次

第1章 政治を動かす異邦人たち
第2章 台湾で生まれ、日本語で書く
第3章 芸の道に羽ばたく
第4章 日本の食を変革する
第5章 帝国を背負い、戦後を生きる
終章 タイワニーズとは

出版社・メーカーコメント

彼らがいたから、強く、深くつながり続けた戦前は「日本」であった台湾。戦後に「中国」になった台湾。1990年代の民主化後に自立を目指す台湾。戦争、統治、冷戦。常に時代の風雨にさらされ続けた日本と台湾との関係だが、深いところでつながっていることができた。それはなぜか。台湾と日本との間を渡り歩いて「結節点」の役割を果たす、多様な台湾出身者の存在があったからである――まえがきより台湾をルーツに持ち、日本で暮らす在日台湾人=タイワニーズたち。元朝日新聞台北支局長の筆者が、彼らの肖像を描き、来歴を辿りながら、戦後日本の裏面史をも照らす。【目次】・蓮舫はどこからやってきたか・日本、台湾、中国を手玉にとる「密使」の一族辜寛敏&リチャード・クー・「江湖」の作家・東山彰良と王家三代漂流記・おかっぱの喧嘩上等娘、排除と同化に抗する温又柔・究極の優等生への宿題ジュディ・オング・客家の血をひく喜びを持って生きる余貴美子・「551蓬莱」創業者が日本にみた桃源郷羅邦強・カップヌードルの謎を追って安藤百福・3度の祖国喪失陳舜臣・国民党のお尋ね者が「金儲けの神様」になるまで邱永漢

著者紹介

野嶋 剛 (ノジマ ツヨシ)  
ジャーナリスト。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社。佐賀支局勤務、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年、第11回樫山純三賞(一般書部門)受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)