• 本

宿命 習近平闘争秘史

文春文庫 み57−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-16-791075-4
4-16-791075-6
税込価格 1,015円
頁数・縦 383P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

反腐敗キャンペーンで政敵を排除、国家主席の任期撤廃にも成功した習近平は、「最強の独裁者」なのか?中国高官の「愛人村」への潜入や習の一人娘直撃、取材自体がタブーの権力者の死闘を徹底した現場取材で暴露した『十三億分の一の男』に、最新情勢を大幅加筆して改題文庫化!エズラ・ボーゲル氏インタビューを特別収録。

目次

序章 「習近平新時代」
第1章 愛人たちが暮らす村
第2章 習近平の一人娘を探せ
第3章 紅く染まった星条旗
第4章 ドキュメント新皇帝誕生
第5章 反日狂騒曲
第6章 不死身の男
第7章 サラブレッドの悲劇
第8章 クーデター
第9章 紅二代
終章 宿命
特別収録 エズラ・ボーゲルインタビュー「習近平は最強の独裁者なのか?」

著者紹介

峯村 健司 (ミネムラ ケンジ)  
1974年長野県生まれ。97年朝日新聞社入社。大津、広島両支局、大阪本社社会部を経て、2005年から中国人民大学に留学。07年より北京特派員として習近平体制誕生の内幕を最前線で取材。11年、優れた報道で国際理解に貢献したジャーナリストに贈られるボーン・上田記念国際記者賞を受賞。ハーバード大学フェアバンクセンター中国研究所客員研究員ののち、ワシントン特派員を経て、18年4月より国際報道部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)