• 本

辺境を歩いた人々

河出文庫 み19−7

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-309-41619-9
4-309-41619-5
税込価格 821円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

思わぬことから人を殺めてしまい、八丈島に流刑となったが、膨大な風俗地誌『八丈実記』をまとめあげることになった近藤富蔵、陸奥にとどまり、民俗学の草分けとなった菅江真澄、蝦夷地のために尽くした探検家・松浦武四郎、沖縄、与那国、奄美、台湾…と生活・調査した笹森儀助。江戸後期から明治に至る、柳田民俗学誕生以前の民俗探訪の実際と先駆者四人の生涯。

目次

近藤富蔵(流され人
近藤重蔵と最上徳内 ほか)
松浦武四郎(えぞ地の探検
おいたちと諸国めぐり ほか)
菅江真澄(じょうかぶりの真澄
浅間山の噴火 ほか)
笹森儀助(幕末の世に生まれて
牧場の経営 ほか)

おすすめコメント

江戸後期から戦前まで、辺境を民俗調査した、民俗学の先駆者とも言える四人の先達の仕事と生涯。千島、蝦夷地から沖縄、先島諸島まで。近藤富蔵、菅江真澄、松浦武四郎、笹森儀助。

著者紹介

宮本 常一 (ミヤモト ツネイチ)  
1907年、山口県周防大島生まれ。民俗学者。天王寺師範学校卒。武蔵野美術大学教授。文学博士。徹底したフィールドワークと分析で、生活の実態に密着した研究ぶりは「宮本民俗学」と称される領域を開拓した。1981年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)