• 本

東京日記1+2 卵一個ぶんのお祝い。/ほかに踊りを知らない。

集英社文庫 か58−2

出版社名 集英社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-08-745752-0
4-08-745752-4
税込価格 713円
頁数・縦 319P 16cm

商品内容

要旨

仕事場に遊びに来たこどもが「ねえねえ、オクラごっこしようよ」と言う。突然「あら、よくってよ」という言葉を使ってみたくなって、友達に電話する―どこかふしぎでおかしいカワカミさんの日々の暮らしを綴った、少なくとも五分の四くらいは、ほんとう日記。人気連載の単行本一巻と二巻が一冊になりました。門馬則雄さんのイラストレーションも、たっぷり収録。お得でかわいい文庫版です。

目次

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。(「大福おじさん」を見た。
よくあること?
銀座のてんぷら。
六月の雨降り。
不憫な腕時計。 ほか)
東京日記2 ほかに踊りを知らない。(つらい気持ち。
あしのうらが扁平。
三人。
シュール。
尾籠な話。 ほか)

出版社・メーカーコメント

不思議におかしい、カワカミさんの日常生活記。「少なくとも、五分の四くらいは、ほんとうです」。文庫化にあたり単行本1巻と2巻を合本。門馬則雄氏のイラストもたっぷり収録しました。(解説/沼田真佑)

著者紹介

川上 弘美 (カワカミ ヒロミ)  
1958年東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業。94年に「神様」で第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞。96年「蛇を踏む」で芥川賞、2001年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、15年『水声』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)