• 本

AI経理良い合理化最悪の自動化

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-532-32213-7
4-532-32213-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 246P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

成長が止まる会社ほど、経理の人員は減っていく!売上・利益が伸びるポジティブな循環をつくるのは、数字処理人ではなくプロの経理人です。

目次

第1章 経理業界とAI業界の内実
第2章 経理業務に対する認識違い
第3章 経理を完全自動化させるためにクリアしなければならない具体的な課題
第4章 経理がAIを活用して本来目指すべき方向性はこれだ
第5章 AIに席を奪われるのはどんな社員か?
第6章 社長の「良き」「善き」パートナーとなるAI
第7章 経理社員がAIと共存するために必要な能力

著者紹介

前田 康二郎 (マエダ コウジロウ)  
1973年生まれ。学習院大学経済学部卒。数社の民間企業で経理・IPO業務を中心とした管理業務、また海外での駐在業務を経て、2011年に独立。フリーランスの経理として、経理業務や利益を生む組織改善の提案を中心に活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)