• 本

大英帝国の歴史 下

絶頂から凋落へ

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-12-005088-6
4-12-005088-2
税込価格 3,190円
頁数・縦 285P 図版16P 20cm
シリーズ名 大英帝国の歴史

商品内容

要旨

貿易・投資・海軍力によって繁栄を迎えるが、植民地統治の破綻、自由主義の高揚、二度の世界大戦を経て、国力は疲弊。大帝国が世界史において果たした役割を総括。

目次

第5章 マクシムの威力(ケープからカイロまで
グレイター・ブリテン
やりすぎの殺戮
マフェキングの戦い)
第6章 帝国の店じまい(世界戦争
懐疑
主人から奴隷への転落
権力の移譲)
終章(新しい帝国主義?
責務を負うということ)

おすすめコメント

貿易と投資、海軍力によって繁栄を迎えるが、植民地統治の破綻、自由主義の高揚、二度の世界大戦を経て国力は疲弊する。大帝国が世界史において果たした役割を総括する

著者紹介

ファーガソン,ニーアル (ファーガソン,ニーアル)   Ferguson,Niall
歴史家。1964年、イギリス、スコットランド・グラスゴー生まれ。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業の後、同カレッジD.Phil(歴史学)。スタンフォード大学フーヴァー研究所シニアフェローならびにオックスフォード大学ジーザスカレッジ、シニアリサーチフェロー。元ハーヴァード大学教授。英米両国で新聞や雑誌に頻繁に寄稿している。2004年にはタイム誌より「世界で最も影響力のある100人」に選出
山本 文史 (ヤマモト フミヒト)  
近現代史研究家。1971年フランス・パリ生まれ。獨協大学英語学科卒業、獨協大学大学院外国語学研究科修士課程修了、シンガポール国立大学(NUS)人文社会学部大学院修了。Ph.D(歴史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)