• 本

好きになった人

ちくま文庫 か73−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-480-43523-1
4-480-43523-9
税込価格 821円
頁数・縦 275P 15cm

商品内容

要旨

時代に鮮烈な足跡を残した人々を、深い取材のもとに描いてきた著者が、忘れられない人々について綴る。石内都、石垣りん、森崎和江などの表現者。島尾ミホ、吉本隆明、森瑶子など直接素顔に接した人たち。管野スガや栗林忠道など激動の時代の証言者たち。個々の人生を通して社会を見つめるノンフィクション作家によるエッセイ。文庫化にあたり加計呂麻島紀行を収録。

目次

1 うちの閣下―戦争を書く(少女たちの「ひろしま」―石内都の衝撃
ひめゆりの硯
宮城さんと西銘さん―沖縄戦跡紀行 ほか)
2 ミニチュアの虹―東京を生きる(東京タワー
小さな訪問者
春の別れ ほか)
3 ごんぎつねと「ヘイジュード」―家族アルバム(地図が好き
老父と娘の旅
猫を抱いた父 ほか)

おすすめコメント

栗林中将や島尾ミホの評伝で、大宅賞や芸術選奨を受賞したノンフィクション作家が、各地を訪れ出会った人々を描く。解説 中島京子

著者紹介

梯 久美子 (カケハシ クミコ)  
1961年熊本県生まれ。北海道大学文学部卒業後、東京の企業に就職。2年後に編集プロダクションを起業。2001年よりフリーライターになり、雑誌『AERA』等に執筆。『散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道』(2005年)で、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』(2016年)で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)