• 本

バルトーク音楽論選

ちくま学芸文庫 ハ48−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-480-09839-9
4-480-09839-9
税込価格 1,296円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

20世紀最大の作曲家のひとりであるバルトーク(1881‐1945)。彼はまた、ハンガリーやルーマニアなど中欧・東欧の各地で民謡を採集するという、民俗音楽研究者としての顔をもっている。音楽が無調へと向かい、より抽象化していく時代の中、バルトークはなぜ、そしていかにして民俗音楽を採集するのか?本書は彼が自ら採譜した民謡を楽譜つきで紹介・考察した論考のほか、コダーイ、ドビュッシー、ラヴェルなど同時代の作曲家についての批評、ハーヴァード大学で行われた講義録など計15篇を精選。文庫オリジナルのアンソロジー。

目次

1 民俗音楽研究(ブダペストでの講演
なぜ、そしていかに民俗音楽を採集するのか)
2 諸民族の音楽(ハンガリー人の農民音楽
スロヴァキア人の農民音楽 ほか)
3 作曲家論と同時代の音楽について(リストに関する諸問題
コダーイ・ゾルターン ほか)
4 講義と自伝(ハーヴァード大学での講義
自伝)

おすすめコメント

中・東欧やトルコの民俗音楽研究、同時代の作曲家についての批評等計15篇を収録。バルトークの音楽活動に迫る文庫オリジナル選集。

著者紹介

バルトーク,ベーラ (バルトーク,ベーラ)   B´ela,Bart´ok
1881年、ハンガリー生まれ。幼少からピアノや作曲で才能を発揮し、ブダペスト王立音楽院で学ぶ。卒業後は同音楽院のピアノ科教授を務める一方、民謡採集のための調査旅行を行う。作曲家として『中国の不思議な役人』、『ミクロコスモス』、『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』などを作曲。ナチスの支配を逃れ1940年にアメリカへ移住。1945年ニューヨークにて没
伊東 信宏 (イトウ ノブヒロ)  
1960年、京都府生まれ。大阪大学大学院文学研究科教授
太田 峰夫 (オオタ ミネオ)  
1969年、東京都生まれ。宮城学院女子大学学芸学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)