• 本

ナショナリズムとは何か

ちくま学芸文庫 ス19−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-480-09873-3
4-480-09873-9
税込価格 1,404円
頁数・縦 375P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

見ず知らずの人々を強固な同胞意識で結びつけるナショナリズム。それは近代世界の基本原理でありながらも、各地で数々の軋轢や衝突を引き起こしてきた。人為的に創られたものと論じられる一方で、伝統や歴史に根ざした自然なものとして感受される、この矛盾に満ちた心性はいかにして生まれたのか。本書では、ナショナリズムをめぐって繰り広げられてきた数多の議論を整理し、イデオロギー、政治運動、文化などが絡み合うその全貌に迫る。ナショナリズムは消え去る運命にあるのか、それとも今後も強い影響力を保ちつづけるのか―。ゲルナー、アンダーソン、ホブズボームらとともに長年研究を主導してきた大家による最良の入門書。本邦初訳。

目次

第1章 概念
第2章 イデオロギー
第3章 パラダイム
第4章 理論
第5章 歴史
第6章 将来展望

おすすめコメント

ナショナリズムは創られたものか、自然なものか。この矛盾に満ちた心性の正体を、世界的権威が解説する。最良の入門書、本邦初訳。

著者紹介

スミス,アントニー・D. (スミス,アントニーD.)   Smith,Anthony D.
1939‐2016年。オクスフォード大学のウォドム・カレッジで古典学と哲学を学び、LSEで社会学の修士と博士の学位を、ロンドン大学で美術史の博士の学位を取得。長年、LSEで社会学の教授をつとめ、歴史的継続性を重視したアプローチによって、ナショナリズム研究の新たな地平を切り拓いた
庄司 信 (ショウジ マコト)  
1958年生まれ。日本赤十字秋田看護大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)