• 本

「反グローバリズム」の逆襲が始まった

出版社名 悟空出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-908117-47-3
4-908117-47-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 254P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

国境なき世界の支配を目指すグローバリストと、伝統、文化を守る国の連携を目指すナショナリストの戦いは、いま最終局面を迎えつつある!

目次

序章 100年に一度の大地殻変動に備えよ
第1章 トランプの「国際金融資本への宣戦布告」
第2章 国際金融資本家はこうして生まれた
第3章 戦争で儲けた国際金融資本家たち
第4章 ネオコンという名の国際金融マフィア
第5章 世界で起きている「反グローバリズム」の潮流
第6章 東アジアを揺るがすネオコンの謀略
第7章 これからも続く「グローバリズムvsナショナリズムの戦い」
第8章 日本が進むべき道

おすすめコメント

国境なき世界の支配を目指すグローバリストと、伝統、文化を守る国の連携を目指すナショナリストの戦いは、いま最終局面に突入しつつある!

著者紹介

馬渕 睦夫 (マブチ ムツオ)  
吉備国際大学客員教授。1946年、京都府生まれ。京都大学を経て、68年に外務省入省後、71年にケンブリッジ大学経済学部を卒業。駐ウクライナ兼モルドバ大使など歴任。2008年、外務省退官後、防衛大学校教授に就任。2011年退職後、2014年4月より現職。外交、安全保障問題について、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)