• 本

「精神障害」とはなんだろう? 「てんかん」からそのルーツをたずねて

こころ学シリーズ 1

出版社名 ジャパンマシニスト社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-88049-491-3
4-88049-491-7
税込価格 3,240円
頁数・縦 275P 20cm

商品内容

要旨

「病とはなにか?」「それはなおるのか?」原初的な問いかけに導かれ、やがて「場の療法」の意味と希望がみえてくる。

目次

プロローグ 本当に私は病気ですか?
1 「てんかん」はどこからきて・どうして病気になったのか?(人は「てんかん」をどうみてきたのか?
こころは身体の一部か?)
2 医学は呪術を超えたか?(迷信から科学へ
科学が敵を変えていった)
3 治療―なおる、治す、直りたい(身体の病気としての「てんかん」
テクノロジーがもたらしたもの
「てんかん」の内科的治療と無意識の抵抗 ほか)
エピローグ 言葉の変化と精神世界

著者紹介

石川 憲彦 (イシカワ ノリヒコ)  
児童精神神経科医。1946年、兵庫県神戸市生まれ。73年、東京大学医学部卒業。小児科医・精神科医として主に東大病院で臨床を重ね、そのかたわら障害児や親たちと「医療と教育を考える会」を結成し活動を続ける。94年よりマルタ大学で2年間研究生活を過ごし静岡大学保健管理センター所長を経て、2018年3月まで「林試の森クリニック」院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)