• 本

警察官白書

新潮新書 770

出版社名 新潮社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-10-610770-2
4-10-610770-8
税込価格 864円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

警察ほど奥深い組織はない。警察官は、人のどこを見ているのか?勤務時間や給料は?階級や人事は?結婚や家庭生活は?刑事になる条件は?職務質問や逮捕の要件とは?情報処理や書類仕事の方法とは?人間関係を円滑にする秘策は?彼らにとっての「正義」とは?警察キャリア出身の作家が、交番、生安、刑事、交通、警備などを専門分野別に徹底プロファイル。全国26万警察官の生身の姿をリアルに描き出す。

目次

1 警察太郎―26万警察官の「むりやり平均値」(警察官すべてのステレオタイプ―『警察太郎』さん
警察太郎の階級
警察太郎の仕事
警察太郎の私生活―家庭関係
警察太郎とおカネ ほか)
2 刑事太郎たち―誇りを懸け、鎬を削る専門家集団 専務と地域について(生安太郎―警察組織の何でも屋にして、ヘルプデスク
刑事太郎―警察一家の大親分にして、永遠のガキ大将
交通太郎―コミュ力の高い、生徒指導の先生
警備太郎―マイペースなスパイ屋さん?)

おすすめコメント

警察官は人のどこを見ているのか。警察キャリア出身の作家が交番、生安、刑事、交通、警備等、生身の姿を職務別に徹底プロファイル!

著者紹介

古野 まほろ (フルノ マホロ)  
東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部修士課程修了。学位授与機構より学士(文学)。警察庁1種警察官として警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務し、警察大学校主任教授にて退官。警察官僚として法学書多数。作家として有栖川有栖・綾辻行人両氏に師事、小説多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)