• 本

島のエアライン 下

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-620-10836-0
4-620-10836-7
税込価格 1,620円
頁数・縦 334P 20cm
シリーズ名 島のエアライン

商品内容

要旨

たった一機で島の空路を支える「天草エアライン」は、重整備や故障、乗客の減少、人材流出など、次々とトラブルに見舞われる。民間航空会社から社長を招き、新路線も開設するが、思うような効果は上がらない。倒産も視野に入るなか、関係者たちは“島の翼”を守るため、それぞれの持ち場で奮闘を開始する。そして役割を終えた飛行機の第二の人生とは?独力で飛行機を飛ばす島の夢と苦闘の実話物語―圧巻の完結扁!

おすすめコメント

熊本に実在する「天草エアライン」を舞台に、日本における地方の現状、問題を浮き彫りにしつつ、その新たな可能性を追求する希望の物語。

著者紹介

黒木 亮 (クロキ リョウ)  
1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務し、国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス、航空機ファイナンスなどを手がける。2000年、国際協調融資の攻防を描いた『トップ・レフト』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)