• 本

深夜航路 午前0時からはじまる船旅

出版社名 草思社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7942-2340-1
4-7942-2340-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 319P 図版14P 19cm

商品内容

要旨

日本で現在運航している深夜便(午前0時〜3時発)全14航路を旅した著者が、深夜航海の魅力と、下船後の「旅のつづき」の愉しみを綴る。本邦初の深夜航路ガイド。

目次

往年の青函連絡船を彷彿させる深夜航路 青森→函館―津軽海峡フェリー
首都圏と北海道を結ぶ大動脈 大洗→苫小牧―商船三井フェリー
最長距離を誇る深夜航路 敦賀→苫小牧東港―新日本海フェリー
稀少な鉄道連絡航路 和歌山→徳島―南海フェリー
往年の夜行人気を保つ深夜航路 神戸→小豆島(坂手)―ジャンボフェリー
徒歩客利用が僅少の深夜航路 神戸→新居浜―四国開発フェリー
深夜の通勤航路 直島(宮浦)→宇野―四国汽船
中国・四国を結ぶ唯一の深夜航路 柳井→松山―周防大島松山フェリー
中国・九州を結ぶ唯一の深夜航路 徳山→竹田津―周防灘フェリー
四国・九州を結ぶ深夜の大動脈 臼杵→八幡浜―宇和島運輸〔ほか〕

著者紹介

清水 浩史 (シミズ ヒロシ)  
1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。在学中は早大水中クラブに所属。NAUIダイビングインストラクター免許取得。卒業後も国内外の海と島をめぐる旅をつづける。テレビ局勤務を経て、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、同大学院新領域創成科学研究科博士課程中退。現在、書籍編集者・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)