• 本

メスト・エジル自伝

TOYOKAN BOOKS

出版社名 東洋館出版社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-491-03537-6
4-491-03537-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 313P 19cm

商品内容

要旨

切れ味鋭いドリブル、創造性溢れるパス、そして美しいゴール―。“魔法使い”とも称される彼のプレースタイルはいかにして生まれたのか。貧しさ、そして国籍による差別から“フットボール”だけでのし上がった少年時代。夢にまで見たレアル・マドリードでの日々やW杯での激闘、新天地アーセナルへの想い。敬愛する師・ジョゼ・モウリーニョをはじめ、ヨアヒム・レーヴ、アーセン・ヴェンゲルといった名将たちとの交流…。フットボールファン必読の物語がここにある!

目次

ネズミだらけの地下室―僕の子ども時代
メストは要らない、マティアスをくれ―挫折と出会い
地に足をつけて生きる―シャルケユース時代
ドイツとトルコの板挟み―十代の僕が下した大きな決断
プロ一年目で準優勝する―失敗を恐れない
中傷キャンペーン―成功のためのネットワーク作り
ブレーメンでひとりぼっち―金で友だちは買えない
サッカー選手は政治家じゃない―無駄口を叩かず行動で示す
カンフー・ゴールキーパー―逆風のなかのチームの絆
DFBポカール優勝―敗戦を乗りこえる〔ほか〕

著者紹介

エジル,メスト (エジル,メスト)   ¨Ozil,Mesut
1988年10月15日、ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン生まれ。サッカー選手。ポジションはMF。ブンデスリーガのシャルケ04、ヴェルダー・ブレーメン、さらにはリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードを経て、現在はプレミアリーグのアーセナルFCに所属。高いテクニックと広い視野、類い希なるパスセンスの持ち主でアシストを量産。ドイツ代表でも活躍し、2014年のブラジルW杯ではチームの司令塔として優勝に貢献している
小林 玲子 (コバヤシ レイコ)  
1984年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。早稲田大学院英文学修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)