• 本

バッハ 「音楽の父」の素顔と生涯

平凡社新書 878

出版社名 平凡社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-582-85878-5
4-582-85878-3
税込価格 994円
頁数・縦 343P 18cm

商品内容

要旨

世間並みの立身出世を願い、子どもの行く末を心配し、ときには喧嘩をし、妻を亡くして北の街へ傷心旅行に出る―。西洋音楽史上最大の作曲家は、敬虔なルター派教徒にして、なによりも普通の家庭人だった。そのなかにあって、「偉大なる常識人」は、現在でも聴きつがれる珠玉の名曲を生み出しつづけた…。彼が暮らしたドイツの街をたどりながら、生涯と作品の秘密に迫る。

目次

第1章 バッハとルター(時代の子バッハ
バッハはルターから生まれた ほか)
第2章 バッハへの旅―街でたどる生涯(ヴェヒマル―「パン屋」から生まれたバッハ一族のふるさと
アイゼナッハ―生まれ故郷はドイツ文化の一大中心地 ほか)
第3章 オルガンと世俗カンタータでたどるバッハの足跡(バッハのオルガン紀行―シュテルムタール、アルテンブルク、ハレ、ハンブルク
世俗カンタータの舞台を訪ねて―ヴァイセンフェルス、ヴィーダーアウ、ソィンマーマンのコーヒーハウス)
第4章 家庭人バッハ(二人の妻とその素顔
マリア・バルバラ・バッハ―バッハの結婚式 ほか)
第5章 バッハ・ディスクガイド

著者紹介

加藤 浩子 (カトウ ヒロコ)  
東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学大学院修了(音楽史専攻)。大学院在学中、オーストリア政府給費留学生としてインスブルック大学に留学。大学講師、音楽物書き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)