• 本

美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔

PHP新書 1145

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-569-84076-5
4-569-84076-0
税込価格 994円
頁数・縦 201P 18cm

商品内容

要旨

絵画のなかの美しいひとたちは、なぜ描かれることになったのか。その後、消失することなく愛でられた作品の数々。本書では、40の作品を中心に美貌の奥に潜む光と影を探る。

目次

第1章 古典のなかの美しいひと(プロセルピナ―ロセッティ
アポロンとマルシュアス―ペルジーノ ほか)
第2章 憧れの貴人たち(侯爵夫人ブリジーダ・スピノラ=ドーリア―ルーベンス
デヴォンシャー公爵夫人―トマス・ゲインズバラ ほか)
第3章 才能と容姿に恵まれた芸術家(シャネル―マリー・ローランサン
凸面鏡の自画像―パルミジャニーノ ほか)
第4章 創作意欲をかきたてたミューズ(商人の妻のティータイム―クストーディエフ
ブージヴァルのダンス―ルノワール ほか)

おすすめコメント

絵画のなかのあの美しいひとは誰か――ベストセラー作家が、気になる名画をわかりやすく解説。絵の奥に潜む人間ドラマを読み解く。

著者紹介

中野 京子 (ナカノ キョウコ)  
北海道生まれ。作家、独文学者。西洋の歴史や芸術に関する広範な知識をもとに、絵画エッセイや歴史解説書を多数発表。新聞や雑誌に連載を持つほか、テレビの美術番組に出演するなど幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)