• 本

小さな悟り

知的生きかた文庫 ま41−5

出版社名 三笠書房
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-8379-8542-6
4-8379-8542-4
税込価格 847円
頁数・縦 221P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 余計な考え、迷い、情報を取り除いて、限りなくシンプルに考え、行動する。そのために、ちょっとものの見方を変える。ちょっと発想を変える。それが「小さな悟り」です。

    (2021年6月15日)

商品内容

要旨

「雨が降ってきたから傘をさす」それくらいシンプルに考え、行動する。ふと、心が晴れる99の言葉。

目次

1章 人生に迷ったら―「無常」を生きるキーワードにする(まず、「無常」を深く受け入れる
絶対、無理をしない ほか)
2章 人間関係に悩んだら―禅的に「関わり方」を変えてみる(人はみな「生かされている」
日々を感謝で埋め尽くす ほか)
3章 仕事で困ったら―「ご縁」にしたがうと、すべてが好転する(「あれも、これも」をやめる
“一人舞台”から降りる ほか)
4章 老いを感じたら―変化に逆らわない、変化を受け入れる(ムダな抵抗はやめる
「体力をつける」より「元気を保つ」 ほか)
5章 将来が不安なら―「いま」できることだけに、集中する(やれるだけのことを、やる
目先のことだけに対処する ほか)

著者紹介

枡野 俊明 (マスノ シュンミョウ)  
1953年、神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行ない、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。また、2006年「ニューズウィーク」誌日本版にて「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)